日本とISO9001の歴史、そして今後の方向性

標的型攻撃の怖さ

数あるネットワーク犯罪の中でも、特に恐ろしい標的型攻撃

コンピュータをネット回線に繋いでいる以上、色々なリスクと向き合わなければいけません。 スパイウエアにトロイの木馬、コンピュータウイルス、ハッキング等、 現在では多種多彩な攻撃が存在し、個人と組織のパソコンが脅威に晒されています。 そしていま現在、最も懸念されるのが標的型攻撃です。 読んで字の如く、特定のコンピュータに狙いを絞ったサイバー犯罪になります。 その精度の危険性は他のウイルスやスパイウエアより非常に高く、 機密情報の漏洩や個人情報の流出、企業秘密の盗難などの被害を発生させるのです。 標的型攻撃はプロのハッカーによって行われる事も多く、素人のみでは対応不可能かもしれません。 重要な機密を保管している本社のパソコンやネットワークには、 そういったサイバー犯罪への警戒が必ず必要です。

標的型攻撃への対抗策として挙げられる高性能アンチウイルスソフト

コンピュータのハードディスクドライブには、大量のデータが保存されています。 近年、その点に目をつけたサイバー犯罪が多発中です。 いわゆる標的型攻撃は、ビジネスマンの大敵になるでしょう。 ビジネスに関するデータ抜き取りを狙ったコンピュータウイルスの送信、 スパイウエアの侵入など、企業に致命傷を与えるリスクが存在しています。 クライアントやユーザーからのメールを装った標的型攻撃もありますので、 無闇に電子メールを開封するのは避け、怪しげな添付ファイルも無闇にクリックすべきではありません。 いざという時に備えて、総合的な対策が打てるアンチウイルスソフトを導入するのも良い手です。 既に大企業の多くが、標的型攻撃への対抗策を講じており、 スパイウエアやコンピュータウイルスを水際で防いでいます。